おへそのおなか


サイゼリヤ・クライシス

 サイゼリヤのイタリアンプリン(¥249)が好きだ。

 やわらか過ぎずかた過ぎない。口の中で「プリンでおじゃ(^-^)v」と控えめに主張をしながら優しくとろけていくやんごとなき食感。カラメルもプリン自体の甘みを邪魔しない控えめなお味で、何とも健気である。ベストコンビネーション。



 夜の21時。どうしてもプリンが食べたくなって、人通りの少ない道を自転車で走る。夜の空気が首を冷やして心地いい。

「私、これからサイゼリヤに行くんです」

 誰に告げる訳でもなく呟く。ペダルを踏む足にも自然と力が入っていた。



 さて、サイゼリヤに着くと超満員。ちょうど新入生歓迎会か何かと被ったらしく、通路まで人が溢れて随分と賑やかしい。

 しかしソロゼリヤ勢はここで臆してはならない。

 サイゼリヤの待ち時間は基本的にディズニーランドと仕組みが同じなので、シングルイーターは優先的に席に座ることができるのだ。多人数ウェイたちには脇目も振らず店員さんに尋ねてみよう。

 無事小さな席に通してもらいメニューを見ていると、何やらギルティ値の高いメニューを見つける。





 うーん、ティラミスもおいしそうだなあ。心に嘘はつけないなあ。よし、これにしよう。ピンポ〜ン



「プリンとティラミスの盛合せください」



 ……わく💓

 わくわく💓💓

 わくわくわく💓💓💓



 程なくして、彼らは私の前に運ばれてきた。






 うわああああああああい❤️❤️❤️❤️❤️❤️

 プリンだあ〜〜〜❤️❤️❤️❤️❤️❤️❤️❤️

 ティラミス外に追いやられてるなあ❤️❤️❤️

 斜面に腰かけるスタイルかあ❤️❤️❤️❤️❤️

 うんうん悪くないゾ〜〜〜❤️❤️❤️❤️❤️



👇🎇上から見た図🎇👇
🎉👀viewed from above😇🎊

💃💥🍮💥FEVER TIME💥🍫💥🕺



 パクパク………😊🥄

 パクパク………😊🥄

 パクパク………😊🥄

 ペロリ……!😋🥄✨




 あ〜〜〜〜〜〜おいしかった💓💓💓

 サイゼリヤのプリンは最高ダネ!🍮👏

 あっという間に完食だよ〜〜〜っ😙🎶



 お腹もこころもイッパイになったことだし

 そろそろ帰るかあ🚲😋{ジテンシャ ニ ノッテネ!!



 ガサゴソ💬

 ガサゴソ💬

 ガサゴソ💬




 あ、あれあれあれっ⁉️⁉️⁉️⁉️⁉️😨💦

 さ、さ、さ、👛がない〜〜〜⁉️⁉️⁉️⁉️









 FEVER TIMEは終わりを告げた。



 すぐにiPhoneでブラウザを立ち上げ「サイゼリヤ 財布 忘れる」で検索。最上位検索結果に上がったYahoo!知恵袋「支払いの意思がないため警察に連絡される」という回答を見つけてVRちゃぶ台をひっくり返す。そうやってすぐ最悪の場合を想定させるんじゃない。隣のテーブルでは大学生たちが「マイヘアのライブ入金忘れて泣いた〜!」と会話をしていた。泣くまでは完了形で喋るんじゃない。警察に連絡される想像を大学生への茶々入れで誤魔化しながら私は一生懸命考えた。



 そうだ! 近くの友達にお金を貸してもらおう!



 友達に電話で泣き付くと快諾してもらえたので、事なきを得……るかと思われたのだが、どうやら友達は飲み会の最中らしい。私のせいで早く飲み会を抜けないといけなくなったらどうしよう。申し訳ないにも程がある。しばらく経ってから、やはり自分で何とかしてみると友達に断りを入れ、店長らしき方に財布を忘れたことを打ち明けると、取りに帰って良いとあっさり許可を得ることができた。「どれくらいかかりますか」と尋ねられたので「40分で戻ってきます!」と答えた。カバンでも担保に置いていこうかと迫ったが万一失くしたら困るので預かれないとのこと、連絡先も聞かれないしこのまま私が逃げたらどうするんだと勝手に心配しながらも急いで店を出るとちょうどこちらに向かっていたらしい友達と鉢合わせたので頭を下げて1000円を借り店に戻ると店長は「エッ40分かかるんちゃうかったんもう戻ってきたんこれ誰の金?」みたいな顔で金を受け取った。怒涛の終わり