おへそのおなか


白髪ネギは畑に生えない

・レシピを見ていたら時々あらわれる「白髪ネギ」なるネギが近所のスーパーには売っていないので関東でしか手に入らない食材なのかと思っていたら、白髪ネギとは長ネギの白い部分を細く切ったものだということを知り衝撃を受けた。この衝撃、覚えがあるぞと思ったら、何年か前にもまったく同じことに気付いてびっくりしたんだった。

松浦亜弥さんって結婚していたの、と驚くのも今世で何度か経験した。しかも相手はw-inds.橘慶太さん。え、すごくないですか?

・「顆粒」のことをずっと「けいりゅう」だと思っていて今でもたまに言ってしまう。「はびこる」と「はこびる」もどっちが正しいか分からなくなるので「蔓延する」と言って誤魔化している。

・片栗粉はスーパーにおいて小麦粉の近くにあるのではなく、和粉というコーナーにあるということを強く意識し過ぎて、スーパーに入るたびに「片栗粉は和粉コーナー」と考えてしまう。片栗粉を買う頻度はそんなに高くないのに。もし私が片栗粉が和粉コーナーにあるということを意識しなければその分、別の有意義な考えが頭をめぐっていたはずで、そのなにかすばらしい考えによって私はしあわせな人生を送っていたに違いないはずなのに、片栗粉が和粉などという訳の分からない分類をされているせいで、私はこんな暮らしを強いられているのである、そうに違いないのである。そんなことを考えながら、私は水溶き片栗粉でたれにとろみをつけ続ける。