おへそのおなか


メンヘラの呪いを解いた先

 昔よく言われてたのですが、「メンヘラ」って言われるのがめちゃくちゃ嫌いです。

 でも昔はそれを言われて妙に安心しちゃってたんですね、ああ、自分はメンヘラだから現状がこんなにしんどいのも仕方ないんだな、メンヘラだから諦めたら大丈夫だって、なんだか歪んだ自衛を働いてたんですね、なんか心が折れやすい自覚はあったし、よく分かんないけど「メンヘラ」って蔑まれることが、自分の正当な評価なんだなーっと思ってました。今はそんなこと言われても傷付かないし、ちぇっとしか思わないですけど……。

 「メンヘラ」という言葉がそれっぽい属性を持つ人間を十把一絡に呪おうとする時、あるいはそれを自称することで自分を守ろうとしている時、その言葉があまりにもこわくて嫌いです。そんなもので掃いて捨てていい人間なんている訳ないし、そんなものでしか認識できない人間だっている訳ないし、だって人間みんな、私がめちゃくちゃ嫌いな人間だってむかつくけど全員かわいいし、メンヘラなんて言葉で自分を語らなくたっていいのになーって思います。

 何の話だ、「メンヘラ」の話です。

 かつて私にやたら「メンヘラ」と言ってくる人がいたんですね。社会人になってすぐ、何人かで一緒に遊ぶようになった人です。よく覚えてるのはカラオケで大森靖子さんの歌をうたった時ですね。大森靖子さんという、歌をうたう人がいるんですけど、大森靖子さんのことを「メンヘラ系ミュージック」とか言っちゃう馬鹿ものもいて、実際の大森靖子さんはメンヘラ系じゃなく、言うならば肯定系超歌手なんですよ、メンヘラの呪いをメンヘラの仮面をかぶって守ってしまった人びとに、肯定をくれるんですよ、すごいですね。

 何の話だ。分からないですね。最近「論理的に話す方法」って本を読んだんですけど全然身についてないですね。星ひとつですね。

 言いたいことも伝えたいことも薄ぼんやりしているけど、今日もごはんひっくり返したけど、それはメンヘラとやらのせいじゃないし、私はそんな呪いに抑圧される必要ないし、人間全員そうですね。かと言って自分が今から胸張って生きま〜すなんていきなりしゃっきりできるかと言われたらそうでもないですよね、散々食らわされてきたメンヘラの呪文、魔防にステ振ってなかったからもろに受けちゃって、でもこんな呪いに一生かかってる必要なんてないんだよな。がんばれポ太郎、がんばれみんな〜。メンヘラの呪いを解いた先にあるみんなのかわいいところが見たいよ、ということで私はみんなにかわいいねを売って生計を立てるかわいいね屋さんになります。みんな好きとは限らないがみんなかわいいとは思う。メンヘラの皮をはいだって大丈夫だよ。かわいいね。1かわいいね100円になります。ください。おわり

youtu.be