おへそのおなか


短所を長所に言い換えるのをやめろ

 死語自体が死語ではという指摘を見たこともありますが死語なんてこんな隙間産業を勝ち抜く言葉が廃れたりします? いやしないね、すくなくとも私は死語を殺したりはしないね、死語はいつまでも生き続けるね。

 今となっては死語かもしれないけど「ため息ついたら幸せ逃げる」と盛んに言われていた時期が体感として確かにあって、自分が子どもの頃なので15年前くらいかしら。単純に「ため息が不快だから聞きたくない」が発端の意地悪が善意で伝わるアナログリツイートの哀しき産物だったんじゃないのかなと思ってるんですけど。かつてのある友人はそれをさらに応用して「マイナス言葉を使うと幸せが逃げる」とか言い出したんですね。マイナス言葉って何だよ、マイナス言葉って。こちらが何の気なしに使った言葉を「それはマイナス言葉だからダーメ!(ハピネス)」と言われたら溜まったもんじゃないこらやめろ勝手に俺を不幸にするな! あと死にたいって言ってる人がいると、生きたくても生きられなかった者の自称代弁者がもももももってわきでたりも、するね。

 分かるんですよ暗い話ばっかり聞きたくない気持ちはとても分かるし人に見せびらかすように不幸話ばっかりしてたらそりゃ自分だってうんざりしますよ、でも「そんなことばっかり言っていると不幸になる」なんて呪いは絶対にかけたくないじゃん、人を呪わば穴二つ、自分にもおんなじようにその呪いがかかる訳だし、嫌よ、生きづらいらしい世界でさらに呪いなんて増やすことないよ、ね、みんなで広いだけのプールで背浮きしましょう(私はできない)。

 それから「短所を長所に言い換える」セミナーがめちゃくちゃ嫌いでしたね。「気が弱いんじゃなくて、みんなのことを考えられる優しい人(ライトネス)」じゃないんだよばーーーーーーーーーかばかばかばかなすびおたんこなすびばか、ぜえぜえはあはあ、取り乱し、俺は気が弱いんだッ、ただそれだけなんだッ、何なんだその論理的に破綻しまくった言い換えはッ、やめろ、今すぐやめろ、お前の慈善は暴力だッ、闇を許さぬこの世界では俺たちは生きられないんだッ、幸せになるために20代でやっておきたい50のことを提示するなッ、やめてくれーーーーーーーーーーーーーッ!!!!!!!!!(強い光で消し飛ぶ)